クワガタ飼育Q&A
日本から遠く離れた熱帯の深い森の中に、とても大きく、変わった形をしたクワガタがいることは、写真や標本を通して私たちも知っていました。
 
そしてついに、今までは生きた姿を見ることのできなかったこうした夢のムシたちを、手にとってふれることのできる時代がやってきたのです。
 
これから紹介するのは外産のクワガタの飼育の基本から繁殖までを分かりやすく説明しています。この外産クワガタの飼育ガイドを参考に大切なクワガタを正しく飼育して、その風変わりな姿、外産ならではの迫力、微妙で美しい色合いなどを存分に楽しんでください。

クワガタ飼育法の適合種


マレーオオヒラタクワガタ

ダイオウヒラタクワガタ

アルキデスヒラタクワガタ

オウゴンオニクワガタ
 

アンタエウスオオクワガタ
 

グランディスオオクワガタ
(タイワンオオクワガタ)

シェンクリンオオクワガタ
 
 

その他の適合種
スマトラオオヒラタクワガタ
ギラファノコギリクワガタ
コンフキウスノコギリクワガタ
パリーフタマタクワガタ
メタリフェルホソアカクワガタ
パプアキンイロクワガタ
ニジイロクワガタ ほか


>>クワガタ専門店で、外国産を探す
>>昆虫ニュース

クワガタのからだのつくり


基本的な体のつくりは、外国産クワガタも日本のものもまったく同じです。
しかし、各種類ごとに様々な環境に分布しているため、オスの大アゴなどは、

・他のオスと戦う
・木や土の中にもぐる
・植物の表面をけずって樹液を出す

など、それぞれ生活の目的に応じてバラエティーに富んだ変化が見られます。

メスは日本のクワガタと同様、どの種類もだいたい同じような姿をしています。