カレンダー

<<  2006年09月 
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新タイトル

最新のコメント

トラックバック

狂犬病に注意 中国 ( 9/19 )

狂犬病が深刻な中国では、狂犬病での死亡数が増加している。都心部を中心にペットとして犬を飼う人が増える一方で、犬へのワクチン注射が普及していないのがその原因だ。

広州市では1~8月までに35000人が犬または猫に噛まれ、狂犬病のワクチンを接種したことが明らかになっている。エクスプロア中国によると、広州市では、郊外の農村部を中心に犬を飼育している人が多く、その割合は40%の家庭が飼育しているといわれている。しかし、大部分の犬は狂犬病の注射をしていないのが現状で、最近では犬を抱いて寝て、犬の唾液に傷口が触れて狂犬病になったというケースもあったという。

狂犬病対策が完全ではない中国では、衛生局を通じ、犬の飼い主に注射の徹底と野良犬・野良猫に接触しないように注意を呼びかけている。狂犬病は死亡率がほぼ100%だけに、十分に気をつける必要がある。


ABROADSTYLE:中国のペット事情コラム

犬の病気大辞典:犬の病気を詳しく解説

トラックバック

trackbackURL:

コメント

コメントフォーム

(ペットニュース にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)