ペット保険(共済)

はじめに

ペットの突然の怪我や病気に備えて、ペット保険(共済)に加入する人が増えています。でも、
  どんな保険に入ればいいのだろう?
  本当に保険は、必要なの?
わからないことがたくさんあるはず。まずは皆様に知って欲しい事をコラム形式で3つのキーワードとともにみていきたいと思います。

1 ペット保険は、本当に必要か?

結論から言えば・・・納得できたら加入するべきだと思います。
長期の治療が必要となり、多大なお金がかかったケースをよく耳にします。知り合いの女性のワンちゃんも病気になり、経済的負担を強いられたようです。リスクヘッジのために保険(共済)は存在します。ただ、疑問があるうちは、入らない方がよいということです。

2 知識を身につけよう

人間の保険も自身の保険内容をあまり理解せずに入っていませんか?
『保険』と『共済』の違いを理解しよう
免責事項は、理解しよう
保険会社の担当者にわかるまで聞くことをオススメします。

3 見るべきポイントはココ

■加入年齢

■加入可能な動物か

■保障内容 タイプは3つ

  • 定率タイプ 
    かかった治療費に対して定率内(50%等)の規定額にて保障するタイプ。
  • 定額タイプ 
    かかった治療費に対して決められた規定額をその規定額内にて保障するタイプ。
  • 実額タイプ 
    定められた規定額の範囲でかかった費用の全額を給付するタイプ。

■掛け金 毎月いくらかかるの?

■保障額 いくら保障してくれるの?

■支払い対象外はどんなパターン?

などなど、様々なポイントがあります。