うさぎと暮らす■うさぎの飼い方ガイド

健康管理

病気

病気の一例です。うさぎの病気はこちら>>うさぎの病気大辞典

消化器疾患

消化器疾患はうさぎの病気の中で一番多い病気です。 糞がぶどうの房状になっているものが、人間の下痢にあたります。 糞がでない、下痢を繰り返す、白い泡状のものが落ちて状態の時は、相談しましょう。

毛球症

胃の中に毛が蓄積されてしまう。 ストレスによる毛づくろいの増加や胃腸の機能低下が考えられます。 長毛種は、品種特有の毛質なので毛がからみやすい。 うさぎに時々パイナップルやパパイヤジュースなどを与えることにより毛球症を軽減することができます。これは毛を酵素により融解することができるからです。

不正咬合

歯の噛みあわせがうまくいかずに、歯が伸びすぎてしまう状態です。 食事をうまく採れないばかりでなく、歯槽膿漏から顎の膿瘍になってしまうことがあります。 不正咬合がある場合には定期的に歯を切ってあげる必要があります。
また、膿瘍が出ていないか定期的に健康診断を受けるようにしてください。

膿瘍

膿瘍は顎の下にできるものも多いのですが、噛まれたり異物が刺さったりしてもできる ことがあります。治療は手術をしなければいけないこともあります。

飛節びらん

足裏が炎症をおこしてしまいただれる・ 遺伝により足裏の毛が薄い、体重増加で負担がかかる、敷材が悪いなどがあげられます。

スナッフル

くしゃみ、鼻水が症状です。 慢性に経過すると治りにくい病気です。

結膜炎

うさぎは眼が大きく、外に張り出しているので眼を傷つけることが他の動物に比べても 多いように思います。不衛生な環境にしているとなりやすいかもしれません。

耳の病気

耳の汚れでは疥癬(ダニ)の感染から耳垢がポテトチップ状になったり又外耳炎やパスツレラの感染から斜頚や運動失調などを起こすこともある

プロに任せるFX自動売買 副収入が本業を超える、複利で440%の実力!

動物病院

うさぎを診察してくれる病院で飼い始めたら健康診断・受診されること。 また気になることがある場合、動物病院へ相談してみましょう。 具合が悪くなってからでは遅いので、気軽に相談できる主治医さんを決めておきましょう。 うさぎの診察ができるのか、時間外、休日診療の有無の確認も必要です。 元気がない、食欲がない、急にやせてきた、頻繁に掻いている、糞・尿の量や色、形がいつもと異なる、咳やクシャミをする、その他の普段と違う症状が出ている時は、 相談または通院しましょう。

病院へ行く時の注意

知らない場所へ連れて行かれたうさぎは驚き動揺します。 飼い主が抱いていたとしても何かのきっかけで逃げ出すことも考えられますので おとなしいうさぎでも必ずキャリーバックに入れて移動してください。 診断の手がかりになるので、糞・尿が残っていれば一緒に持っていく。 普段の食事を聞かれることがありますので、フードの種類や量を認識しておきましょう。

動物病院を検索する>>動物病院検索のPETNAVI
>>続きを読む