犬と暮らす■犬の飼い方ガイド

登録と義務

登録

犬の登録は、未登録の犬を飼い始めた時※(子犬は生後91日になったら)、30日以内に登録を行います。役所で、名前や住所等を記入して登録します。
 
(犬の戸籍)
※横浜市などでは初回狂犬病ワクチン接種後に登録です。生後91日になったら速やかに最寄の動物病院に相談してください。

変更

犬の所在地・飼い主の住所等が変わった時にはわんちゃんの登録事項変更届けを、また、愛犬が亡くなった時には死亡届けを役所に届ける義務があります。 これらの届け出は忘れずに出しましょう。怠ると罰則が適用されてしまいます。

狂犬病注射

犬は年に1度、狂犬病予防の注射を接種することが法律で決められています。生後、91日以降の犬は必ず接種する必要があります。 接種したら「鑑札」(1回目だけ)「狂犬病予防注射済票」がもらえます。鑑札に記入されている番号は1頭ごとに違いますので、首輪などにつけておくと、万が一犬が迷子になったときでも飼い主を探すことができます。
 
(例外)
犬が妊娠中である、病気にかかっている、または老齢で予防注射を接種する必要がないと獣医師が判断した場合は、その動物病院で猶与証明書を書いてくれます。この猶与証明書を役所に届け出すれば接種をする必要がなくなります。詳しくは、かかりつけの獣医さんに相談して下さい。

>>続きを読む