犬と暮らす■犬の飼い方ガイド

迷子

迷子になったら

事前に迷子札をつけて万が一に備えましょう。
マイクロチップの挿入は紛失の心配がなく確実です。
犬が迷子になったら下記のことをしてみましょう。

  • 最寄の警察へ迷子になった犬の届け出をする。
  • 最寄の保健所への問い合わせや迷子になった犬の届け出をする。
  • 近所の動物病院やペットショップにも問い合わせてみる。
  • 交番、動物病院、スーパーなどに迷子の張り紙をはらせて頂く。
  • 地域新聞、地域のフリーペーパーに掲載する。
  • 近所の方々にお聞きになることや、付近の捜索。
  • 迷子の掲示板から探す。

室内飼いしている犬は、遠方には行けませんので半径100m前後の範囲でまずは探してみましょう。 室内飼いの犬は、いつもと違う状況だけでびっくりしているので、どこかにもぐり込んでじっと隠れていることもあります。 おでかけを頻繁にしている犬は行動する範囲が広いので、室内飼いの犬よりも範囲を拡大して探す必要があります。 人が立って見渡せる場所だけでなく、軒下などの低い場所や、樹の上などの高い所も探してみましょう。 犬が見つかった時は、張り紙の撤去などをマナーとしておこないます。

>>続きを読む