クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

【原因】
副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることで起こります。
腎臓の上部にある副腎から分泌されるホルモンの量が多くなります。

原因の多くは、分泌をコントロールしている脳下垂体の前葉に腫瘍ができ2つの副腎が刺激され、
それによって副腎皮質刺激ホルモンが過剰に作り出されます。
また、ステロイドの長期投与が原因になる事もあります。

【症状】
まず、水を大量に飲むようになり、尿の量も増加します。
お腹がはれ上がったり、垂れ下がったりします。
また、毛が乾いて弾力性がなくなる、脱毛する、筋肉が弱くなるあるいは萎縮する、
食欲が異常増加するなどの症状があらわれます。
脱毛する場合は、体の両側が左右対称に毛が抜けます。

【治療と予防】
ステロイドが原因となっている場合は、その量を徐々に減らしていきます。
急にやめると危険な場合があるため、必ず獣医師に相談し、指示を仰いで受けてください。
体内の働きの不調でおこるクッシング症候群には、
副腎皮質のはたらきを一時的に弱める薬を用いて治療します。
量に注意しながら、一生涯投与する必要があります。

予防として、7歳以上になったら、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。