乳腺炎(ニュウセンエン)

【原因】
乳腺が炎症ではれる病気です。出産後、子犬に授乳している時に起こる病気で、
乳汁の分泌が多過ぎる時や、細菌の感染によっておこります。
乳汁の過剰は、産まれた仔犬がすぐに死んでしまったり、
出産した仔犬の数が少ないなどの理由があります。

【症状】
乳腺が熱をもってはれます。また、全身に発熱がみられたりします。
さわると痛がることもあります。また、黄色い乳汁が分泌されることもあり、
食欲が低下したり、イライラした動きなどがみられます。

【治療と予防】
もし授乳中の場合は、授乳を中止させます。
乳腺が張っていても、マッサージはしない方が良いでしょう。
マッサージをすると炎症がひどくなることがあります。

まず、熱を持っているようなら、その部分を水でぬらした布や冷湿布などで
よく冷やすと効果的です。
細菌に感染していなければ消炎剤を使うだけで比較的すぐに回復します。
細菌感染が疑われる場合は、抗生物質を投与します。