子宮蓄膿症(シキュウチクノウショウ)

【原因】
子宮が細菌感染により炎症を起こし、その結果生じた膿が子宮の中にたまる病気です。
大腸菌やレンサ球菌、ブドウ球菌などが原因となります。

メスの発情期には、子宮の入口の子宮頸部がゆるむために細菌が進入しやすくなります。
本来、子宮は細菌を防ぐ仕組みも持っており、炎症をおこすことはあまりありません。
しかし出産経験のない場合や、かなり前に出産したなどの場合には、
卵巣が異常をおこしやすくなっています。
それはホルモンバランスの崩れも関係していると考えられています。

【症状】
まずよくみられるのが、水をたくさん飲むようになり、尿の量も増えます。
また子宮の内部に膿が溜まるので、腹部が大きくふくれ、垂れ下がってきます。
そして、触ると嫌がるようなそぶりをみせるようになります。

子宮頸が開いている時であれば、陰部から膿や血液が混じった血膿が出てきます。
食欲不振、おう吐、発熱などの症状が現れることもあります。
症状が進むと貧血や腎不全などをおこすことがあります。

【治療と予防】
通常は手術により子宮と卵巣の摘出します。ただし、出産を希望する場合は、抗生物質や抗菌薬、
ホルモン剤などの投与を行い治療することも可能ですが、再発する場合も多くみられるので注意する
必要があります。

子供を産ませる予定がない場合、避妊手術をしておけば、病気の予防にもなります。