カブトムシ飼育Q&A

サナギの管理方法

成長した幼虫は、体がだんだん黄色や茶色っぽくなって、ケース内の1ヶ所にとどまって蛹室という卵型の部屋をつくります。やがて表面にシワができて前蛹となり、2週間から2ヶ月でサナギになります。

サナギは幼虫と違いケース内を移動しません。体の大きさや飼育環境でサナギの期間は違いますが、成虫になるには1~3ヶ月位かかります。サナギになってから注意しなければならないことがいくつかあります。

羽化不全を防ぐためにも、これらの注意事項をまもってください。 ※羽化不全・・・サナギからの脱皮に失敗して、正常な成虫になれないこと。脱皮の途中で死んでしまうことが多い。

ここに注意!!
  • ・容器の中のよけいな水分を発散させるように、ときどきフタを開けましょう。
  • ・温度、湿度、まぶしい光など、急に環境が変化しないようにします。大きな物音をさせないようにも気をつけましょう。
  • ・容器を傾けたり、動かしたりせずにそっとしておきましょう。
  • ・1日に何度ものぞかないようにしましょう。

もしも蛹室をこわしてしまったら


カブトムシは、やわらかいマットの中に蛹室をつくるので、蛹室のカベがくずれてしまうことがあります。また、幼虫が前蛹やサナギになっていて、容器の中を掘ったときに蛹室をこわしてしまう場合があります。そのようなときには、人工の蛹室を使用します。人工の蛹室はサナギの大きさに合わせて選びましょう。
 
 
 
 
 


成虫になったら

羽化(サナギが脱皮して成虫になること)を確認したら、約2週間はさわらないようにします。
羽化直後は、成虫の形をしていますが、体の中はまだ完全な成虫になりきっていません。
じっと動かないでいる期間は2週間から1ヶ月くらいあります。
その後、別のケースに移してエサを与えます。栄養状態によって、エサを食べない場合ががありますが、エサは必ず与えましょう。

>>カブトムシ飼育は、ここから


>>飼育グッズを探してみよう