カブトムシ飼育Q&A

なるべく一匹ずつ飼育しよう!

飼育ケースは育てるカブトムシの体長にあわせて選びます。
活動的な種類が多いのでできるだけ大きめのケースを使用します。
特にペアで育てるときは飼育マットを多めに入れて大ケース以上で育てましょう。
国産に比べ、オス同士のケンカが激しいため、複数のオスを同じケースに入れると片方が殺されてしまうことがあります。
また、オスがメスを激しく攻撃することがあるので、交尾させるとき以外はなるべく1匹ずつ飼うようにしましょう。
 
特大ケース:約40センチ
大ケース:約35センチ
中ケース:約28センチ
小ケース:約21センチ
ミニケース:約16センチ


飼育ケースを置く場所

カブトムシの飼育ケースは、太陽の光が直接当たる場所には絶対に置かないようにしましょう。家の外に置く場合は、雨で濡れるような場所はいけません。また、カブトムシは飼育ケース内がむれるのをたいへんきらいます。家の中でも外でも風通しの良い場所に置くことが大切ですが、強い風があたるような場所はさけるようにしましょう。

温度管理

メガピタヒーター日本とまったく違う気候で暮らしているので、夏の暑さや冬の寒さのことを考えてあげなければいけません。クワガタ以上に夏の暑さに弱い種類が多いようです。とくに夏は28度以上にならない涼しい場所に置くようにし、冬は昆虫用ヒーターで保温して1年を通じてだいたい15~28度になるように管理しましょう。
 
 
 
 
 


エサについて

メガゼリーからだの大きな外産のカブトムシはたいへん食いしん坊です。
小さなゼリーではとても足りないので、多めにあげましょう。
3~4日過ぎて残っているエサは新しいものに交換します。
果物を与える場合は、スイカ、ナシ、モモ、ブドウのような水分の多いものはやめましょう。
果物ではりんごがエサに適していますが、農薬を使っている場合もあるので注意しなければいけません。
農薬を使った果物を与えるとカブトムシは弱って死んでしまいます。



清潔に飼育しよう

外産のカブトムシはたくさんエサを食べるのでたくさん排泄をします。ケース内をこまめにふくなどして、清潔に保ちましょう。くさい臭いが気になるような場合は、マットも新しいものに交換します。カブトムシにはよくダニがつきます。ダニはカブトムシの体から栄養分を吸収するので、カブトムシが弱ってしまいます。ダニは短期間でたくさんに増えるので、少しでも見かけたら早めに落とすようにします。 カブトムシについたダニは、使わなくなった古い歯ブラシで軽くこすって落とします。また、飼育ケースによってくる小バエはシートを使って中に入るのを防ぎます。

★ ブラッシングなどの作業でカブトムシをさわる場合は、ツノにはさまれないように注意してください。また、強力な足のツメでケガをすることもあります。十分注意しましょう。
>>カブトムシを探してみよう


>>飼育グッズを探してみよう