カブトムシ飼育Q&A

カブトムシの飼育・用意するもの

大きな体に風変わりなツノ、魅力いっぱいの外国産カブトムシを育てるのはとても楽しいことです。
しかし、外国産カブトムシ
たちの多くは、熱帯地方に暮らしていることを忘れてはいけません。
育てる方法や用意するものは国産とだいたい同じですが、少しでも長生きさせて飼育を楽しめるよう、外産の特徴を知って過ごしやすい環境をつくってあげましょう。

カブトムシの飼育に用意するもの


カブトムシ飼育ケース
①飼育ケース


飼育容器には便利で使いやすいプラスチックの飼育ケースを使いましょう。
体の大きさに合わせて、なるべく大き目のケースを選ぶようにします。
メス1匹だけなら小ケース、オス1匹だけなら中ケース、ペアで飼う場合が多いです。
現在は、カブトムシとオシャレに生活するテラリウム商品に人気が集中しています。
大人の飼育ケースを選ぶ人が多くなってきています。



昆虫マット
②成虫用マット


適度に水分を含ませた成虫用マットを飼育ケースの高さの3分の1くらいまで入れます。水分量は、マットを軽く握って手を開いたときに、握った形が残っている位がちょうどいいでしょう。
厳選された良質の朽木マットに、防臭・防ダニ効果のある天然素材を配合したマットが売られています。適度な通気性が成虫の暮らしやすい環境をつくります。


のぼり木
③のぼり木


足場となるのぼり木を入れましょう。
ひっくり返るとうまく起きあがれずに、エネルギーを消耗してしまうことがあります。
また、カブトムシ同士がひんぱんに接触するとケンカをすることがあります。
このようなことをさけるため、必ずケース内にのぼり木をセットしましょう。






④シート(小バエ防止用)


飼育容器に発生する小バエなどをシャットアウトし、容器内の保湿や衛生的な環境を守ります。


⑤えさ皿


体の大きな外国産カブトムシは、エサをたくさん食べます。
とくにツノの大きなオスは、小さなエサ皿ではうまく食べることができません。
このためエサ皿は、専用の大型エサ皿を使用します。


カブトムシ昆虫ゼリー
⑥カブトムシ昆虫ゼリー
栄養バランスにすぐれた、カブトムシ用のエサを与えます。
外国産カブトムシ専用フードがあればそちらを用意します。