カブトムシ飼育Q&A
日本から遠く離れた熱帯の深い森の中に、とても大きく、変わった形をしたカブトムシがいることは、写真や標本を通して私たちも知っていました。
 
そしてついに、今までは生きた姿を見ることのできなかったこうした夢のムシたちを、手にとってふれることのできる時代がやってきたのです。
 
これから紹介するのは外産のカブトムシの飼育の基本から繁殖までを分かりやすく説明しています。この外産カブトムシの飼育ガイドを参考に大切なカブトムシを正しく飼育して、その風変わりな姿、外産ならではの迫力、微妙で美しい色合いなどを存分に楽しんでください。

カブトムシ飼育法の適合種


コーサカスオオカブトムシ

アクタエオンゾウカブトムシ

ヘラクレスオオカブトムシ
 

アトラスオオカブトムシ
 

ゾウカブトムシ
(タイワンオオクワガタ)
 

その他の適合種
ネプチューンオオカブトムシ
マルスゾウカブトムシ
グラントシロカブトムシ
モーレンカンプオオカブトムシ ほか

カブトムシのからだのつくり


基本的な体のつくりは外国産カブトムシ
も日本のものもまったく同じです。
しかし、国産は頭のツノが長く大きく発達して、胸のツノが小さいのに対し、外国産カブトムシ
では胸のツノも大きく発達している種類がたくさんいます。
ツノの形や本数もバラエティーに富んでいて、国産とはひと味違った魅力があります。